頑張っても最後、頑張らなくても最後、とっくに来た通路は引き返せない

畑で何かあったのだろうか。網戸の張り替えに関しては、いつの間にか前週の台風で破れてしまい一番だったようだ。
「でも、こちらじゃ無用効用のマニアみたいだよ。お前のいうように、とき何しに来たのか分からなく罹るときも、確かに起こる」
 M・Tはあからさまに不服をこぼし始めた。心なしかM・Nの人使いの荒さ状態に苛立っているとも見えた。M・Nの歯に衣着せぬ物言いは批評会で私も存分に思い知っていた。
「あなたがそんなんでどうするのよ。一月とは言わないから、ほんとにはじめウィークは頑張ろうよ」
 自分は中程M・Tのあとに付いてきた感じだったが、その時ばかりは逆に激励する形となった。最も、私のその言い方自身、古く今以上に未熟だったときのアルバイト先の精鋭がかけてくれた言い方の受け売りに過ぎなかったが、M・Tにとっては気休め程度にでもなってくれれば果報だった。
「そうな。放棄したらしたで、どうせ最悪だし、な」
 頷いてみせながらもM・Tの主張は乾いていた。http://xn--lck0c6eya4bcc7209fuywa.xyz/