高校生から一人暮らしは大変そうだけど尊敬する

一人暮らしって大学生からスタートする人が多いのかも知れないですが、高校生で一人暮らしをする人もいるのですね。
今情報番組のお便りテーマで、家から高校が遠いから私だけ一人暮らしをしながら通っていましたという話しが紹介されていました。
よく学校に祖父母の家が近いからおばあちゃんの家に住みながら通うという人はいたりしますが、学校の近くに親戚などもいなくて寮もない場合は一人暮らしを検討することも考えなければならないということですよね。
この人は多分妥協せずに本当に行きたいと思う高校に行ったのでしょうね。
高1から一人で何でもやらなければいけない生活なんて考えられないです。
でも凄く尊敬しちゃいます。
ただ私の友達で大学の話しなのですが、実家からかなり遠い大学に片道二時間、往復で四時間掛けながら4年間通学した人がいましたね。
県外だし絶対学校の近くに住んだ方がいいだろうなと思ったのですが、多分彼女は妹が大好きだから離れるのが嫌だったのかも知れませんね。http://www.foosquare.com/vio-datsumo/

プリンターのインク詰まりの解決策をアドバイスして頂いた互換インクメーカーさんの親切な対応に感謝したい

ここ2週間ばかりプリンターで黒い文字の印刷がかすれてしまって困っていました。
昨年の暮れには年賀状を印刷出来ていたのに突然黒いインクの文字がかすれてしまったのです。
このプリンターは2015年8月に購入したものなので、まだ2年と4ヶ月しか経過していません。
しかし私にはこの不具合が発生したことに対して少し気に掛かる点があるのです。
それは購入して1年後からはインクをプリンターメーカー純正のインクから互換インクに変えたことです。
というのも純正のインクの価格が高くなかなか購入することが出来なかったからです。
6色のインクを使っているプリンターなので純正インクの6色セットでは6千円を超える価格になります。
その点、互換インクでは6色セットでも2千円から3千円以内で購入できるので、とても経済的に助かるからです。
この互換性インクに変えたことがインクの目詰まりの原因ではなかろうかと考えたのです。
しかし互換インクに変えてから1年半以上はなんの問題もなく使えていたのも事実です。
プリンターのインクノズルのヘッドクリーニング機能を使って詰まりを直そうとしたのですが何回行っても文字はかすれたままです。
そこで何か対応策はないものかと、これまで購入している互換インクのメーカーさんに相談をしたところ、インクの目詰まりは、インク(液体)の噴射口に空気が詰まることが原因ということが分かりました。
ヘッドクリーニングはインクカートリッジ内のインク(液体)で空気を噴射口外へ流し出すようになっているのだそうですが、どうもそれが上手くいってないようなので、洗浄液を使ってその空気を溶解すれば目詰まりが改善できるということでした。
メーカーさんのご好意で今回は無料で洗浄液を送って頂けることになりました。
そして本日その洗浄液が届きましたが、同時にヘッドクリーニングでのインク消費量を考えて、メーカーさんからの無償の予備の6色のインクも同封されていました。
さっそく洗浄液の入ったカートリッジをプリンターに取付けて、取り扱い説明書に書かれている通り2時間を掛けてヘッドクリーニング作業を行ったところ目詰まりはすっかり解消しました。
このメーカーさんの説明によるとインク(液体)の噴射口は消耗品なので印刷をするごとに摩耗し、空気を取り込みやすくなるとのことです。
この症状は他のカラーより使用頻度の高いブラックで起こりやすいということでした。
その場合、仮に症状が改善してもすぐに空気を取り込んでしまって同じ症状が再現するか、ひどい時には症状の改善が見られないことがあるとのことです。
したがってメーカー純正のインクでも このような目詰まりは当然起こり得る問題だということも分かりました。
要はインクノズルには寿命があるということで、それはプリンターの使用頻度によるものであるということ。
今回の経験によってプリンターの目詰まりの原因が理解できたことはとても勉強になりましたし、今回の互換インクメーカーさんの親切な対応に感謝したいと思いました。キレイモ 無料カウンセリング